ホーム > 研究開発 > 今年度研究テーマ一覧

令和3(2021)年度研究課題一覧

共同研究

産学官それぞれの得意分野を活かして協力、分担し、産学官、学官、産官により共同で実施する研究で、令和3年度は、以下の4課題に取り組んでいます。(企業ニーズに的確に対応するため、企業等から研究の申し込みを受け、内容評価の上、実施しています。)

研究題目担当部署
(期間)
難削材のエンドミル加工へのMQL の適用(注1) 機械電子技術部
(R3)
射出成形におけるランナーの工程内リサイクルに関する研究(注1) 材料技術部
(R3)
「夢ささら」の原料米特性に関する研究(注2) 食品技術部
(R3)
米菓の食感改質技術に関する研究 食品技術部
(R3)

(注1)重点振興産業分野共同研究【県推進事業】
(注2)フードバレーとちぎ重点共同研究【県推進事業】


重点研究

研究成果を広く産業界に技術移転・普及するため、当センターが単独で重点的に行う研究で、令和3年度は、以下の2テーマに取り組んでいます。

研究テーマ名担当部署 (期間)
金属3D プリンタ造形品の構造部材適用に向けた耐久性、信頼性に関する研究 機械電子技術部
(R3)
超高分子量ポリエチレン配向フィルムの積層成形による高弾性率プラスチック成形体作製技術の開発(注3) 材料技術部
(R3)

(注3)(国研)科学技術振興機構


経常研究

県内産業界の生産現場における課題解決等を支援するため取り組む研究で、令和3年度は、以下の9課題に取り組んでいます。

研究題目担当部署
(期間)
加速度センサを用いた工具摩耗推定方法の開発 機械電子技術部
(R3)
測定手法の違いによる円筒内形状測定結果への影響 機械電子技術部
(R3)
データ収集・解析システムの機能拡張 機械電子技術部
(R3)
スマートグラスを用いた作業支援検証に関する研究 機械電子技術部
(R3)
生姜辛味成分の簡易分析法の開発 食品技術部
(R3)
解し織のデザインと絣の効果に関する研究 繊維技術支援センター
(R3)
切削条件が透明アクリル樹脂の透明度に及ぼす影響 県南技術支援センター
(R3)
つづれ織り技法による紬織物製品の開発 紬織物技術支援センター
(R3)
陶器成形用石膏型製作の高精度化に関する研究 窯業技術支援センター
機械電子技術部
(R3)