ホーム > 研究開発 > 今年度研究テーマ一覧

令和4(2022)年度研究課題一覧

共同研究

産学官それぞれの得意分野を活かして協力、分担し、産学官、学官、産官により共同で実施する研究で、令和4年度は、以下の5課題に取り組んでいます。(企業ニーズに的確に対応するため、企業等から研究の申し込みを受け、内容評価の上、実施しています。)

研究題目担当部署
(期間)
加速度センサを用いたインプロセス工具摩耗監視システムの開発(注1) 機械電子技術部
(R4)
海洋生分解性バイオマスプラスチック/天然鉱物複合材料の開発(注1) 材料技術部
(R4)
夢ささらを用いた低アルコール清酒の製造方法の確立(注2) 食品技術部
(R4)
県産イチゴの加工条件による味・香り成分等の把握と見える化 食品技術部
(R4)
二軸エクストルーダーによる大麦未利用部位活用法の検討 食品技術部
(R4)

(注1)重点振興産業分野共同研究【県推進事業】
(注2)フードバレーとちぎ重点共同研究【県推進事業】


重点研究

研究成果を広く産業界に技術移転・普及するため、当センターが単独で重点的に行う研究で、令和4年度は、以下の1課題に取り組んでいます。

研究テーマ名担当部署
(期間)
製造業におけるMR(複合現実)の有効性検証アプリケーションの開発 機械電子技術部
(R4)

 


受託研究

自社だけでは解決が困難な新技術・新製品の開発課題や生産活動上の課題等について中小企業等から委託を受けて実施する研究で、令和4年度は、以下の2 課題に取り組んでいます。

研究テーマ名担当部署
(期間)
トウガラシの焙煎条件の検討および旨味成分把握 食品技術部
(R4)
県産クラフトビールの高品質化に関する研究 食品技術部
(R4)

 


経常研究

県内産業界の生産現場における課題解決等を支援するため取り組む研究で、令和4年度は、以下の12課題に取り組んでいます。

研究題目担当部署
(期間)
固定砥粒加工における目づまり抑制技術の開発 機械電子技術部
(R4)
AEセンサを用いた工具摩耗状態の監視 機械電子技術部
(R4)
研削加工における加工機の電力変化による加工負荷の観察 機械電子技術部
(R3)
樹脂3Dプリンタ造形物の機械的性質と造形限度に関する調査 機械電子技術部
(R4)
三次元座標測定機を用いた曲面形状測定に関する研究 機械電子技術部
(R4)
BIツール・RPAツール等を活用したデータ収集・可視化及び定型作業自動化の検討 機械電子技術部
(R4)
ポリプロピレン樹脂の結晶化度制御による接着性向上 材料技術部
(R4)
インクジェットプリンタによるテキスタイル製品の生産効率化 繊維技術支援センター
(R4)
広幅の解し織における仮織の自動化に関する研究 繊維技術支援センター
(R4)
ドリル加工におけるばり抑制手法の開発 県南技術支援センター
(R4)
手つむぎ糸の生産に関する研究 紬織物技術支援センター
(R4)
県内産原料を用いた耐熱土及び耐熱釉薬の試作開発 窯業技術支援センター
(R4~R5)