栃木県産業技術センター » 新着情報 » 脱炭素化社会実現技術研究会

脱炭素化社会実現技術研究会

 2050年までの脱炭素化社会の実現に向けて、輸送機器の軽量化や資源循環の高度化などの技術開発が加速しています。これを受け、当センターでは、今後、県内企業での活用が見込まれる脱炭素化技術の導入や活用ノウハウ等の蓄積を支援するため、今年度、標記研究会を開催することといたしました。本研究会では、複数の素材を組み合わせて軽量化を実現する「マルチマテリアル化技術」及びプラスチックのリサイクルや生分解性プラスチックの活用など、プラスチックの資源循環に必要となる「再生材料・バイオプラスチック関連技術」をテーマとして取り上げ、最新技術情報の提供並びに、共通課題の解決に向けた取り組みを実施します。

 活動スケジュール(予定)

研究会実施内容(予定)時期
第1回 脱炭素化社会実現研究会
※令和4年度の募集は終了しました。
・外部有識者による最新技術情報の提供
①「自動車分野等における接着接合を中心としたマルチマテリアル化の最新動向」
  東京工業大学 教授 佐藤千明 氏
②「プラスチックのリサイクルの現状と課題、技術開発状況」
  早稲田大学 客員教授 加茂徹 氏
・ワーキンググループ活動計画の説明

令和4年6月24日

第2回 脱炭素化社会実現研究会
※令和4年度の募集は終了しました。

外部有識者による最新技術情報の提供
 「接着技術の基礎と応用」
  金沢工業大学 名誉教授 小川俊夫 氏

令和4年11月18日

第3回 脱炭素化社会実現研究会 外部有識者による最新技術情報の提供
①「プラスチックの接着技術の応用」
  金沢工業大学 名誉教授 小川俊夫 氏
②「再生材料・バイオプラスチックの現状と
  課題」

  日本電気株式会社 D 田中修吉 氏
・令和4年度研究会結果報告
 及び令和5年度の研究計画について

令和5年3月6日

 ワーキンググループ 実施内容(予定)  時期 
マルチマテリアル化WG
募集案内 [:168KB]
申込書[:21KB]
※令和4年度の募集は終了しました。
・樹脂のUV処理・評価と金属との接着試験
・接着技術に関する情報提供、意見交換 等

令和4年7月~
令和5年3月

再生材料・バイオプラスチックWG
募集案内[:144KB]
申込書[:21KB]
※令和4年度の募集は終了しました。

・ランナーリサイクル成形実証試験
・ランナーリサイクルに関する情報提供、
 意見交換 等

令和4年7月~
令和5年3月


 お問合せ先

栃木県産業技術センター材料技術部 担当:大森、飯塚
TEL:028-670-3397  FAX:028-667-9430  E-mail:sangise-boshu@pref.tochigi.lg.jp